いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

現代日本の小説

著者:尾崎 真理子 
レーベル: ちくまプリマー新書
出版社:筑摩書房
新書:175ページ
発売日:2007-11
価格:821円
分類: ノンフィクション  文学理論 
キーワード: 現代  日本  小説 
現代日本の小説
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 一九八七年、終わりの始まり
  • 「ばなな伝説」の始まり
  • 「サラダ記念日」と三島賞の創設 ほか
第2章 村上春樹のグローバリゼーション
  • 『ねじまき鳥クロニクル』の文学的成功
  • 小島信夫による村上作品の解読 ほか
第3章 変容する創作のシステム
  • 芥川賞の歴史上最大の“事件”
  • 二十歳の金原ひとみ、綿矢りさの受賞 ほか
第4章 パソコンから生まれる新感覚
  • 昭和の終わりと平成の始まり
  • 手書き原稿とファックスの登場 ほか

<新聞書評>