いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

世界がわかる宗教社会学入門

著者:橋爪 大三郎 
レーベル: ちくま文庫
出版社:筑摩書房
文庫:308ページ
発売日:2006-05-01
分類: 社会学  宗教学  宗教入門 
キーワード: 世界  宗教 
評価 3.5   読者数 3.4
紹介:松岡正剛 
世界がわかる宗教社会学入門
       

<マイリスト>

<目次>

宗教とはなにか
宗教社会学とはなにか
ユダヤ教とはなにか―契約と律法
キリスト教とはなにか―福音と愛の思想
宗教改革とはなにか―ルターとカルヴァン
イスラム教とはなにか―ウンマとイスラム法
初期仏教とはなにか―サンガの思想
大乗仏教とはなにか―菩薩・般若・極楽浄土
中国と日本の仏教―仏教の伝播と変容
儒教とはなにか―孔孟の思想・朱子学
尊皇攘夷とはなにか―山崎闇斎学派と水戸学
再び宗教を考える

<別版>

<橋爪 大三郎の本>