いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

中世の覚醒

著者:リチャード・E. ルーベンスタイン 
レーベル: ちくま学芸文庫
出版社:筑摩書房
文庫:580ページ
発売日:2018-10-11
分類: ヨーロッパ史一般  哲学・思想  文学・評論 
キーワード: 中世  覚醒 
評価 4.0   読者数 2.4
中世の覚醒
       

<マイリスト>

<目次>

序章 中世のスター・ゲート―西ヨーロッパの覚醒
第1章 「知恵者たちの師」―アリストテレスの再発見
第2章 「レディ・フィロソフィー」の殺人―古代の知恵はいかにして失われ、ふたたび見出されたか
第3章 「彼の本には翼が生えている」―ピエール・アベラールと理性の復権
第4章 「そなたを打ち殺す者は祝福されるだろう」―アリストテレスと異端
第5章 「ほら、ほら、犬が吠えている」―アリストテレスとパリ大学の教師たち
第6章 「この人物が知解する」―パリ大学における大論争
第7章 「オッカムの剃刀」―信仰と理性の分離
第8章 「もはや神が天球を動かす必要はない」―アリストテレスと現代の世界

<別版>