いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

米・百姓・天皇 日本史の虚像のゆくえ

著者:網野 善彦  石井 進 
レーベル: ちくま学芸文庫
出版社:筑摩書房
文庫:280ページ
発売日:2011-01-08
分類: 日本史一般 
キーワード:   天皇  日本史  虚像  ゆくえ 
評価 3.5   読者数 2.3
米・百姓・天皇 日本史の虚像のゆくえ
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 通史を書く意味
第2章 なぜ「米」なのか
第3章 支配者はなぜ「米」に固執するのか
第4章 天皇と「米」
第5章 「百姓=農民」は虚像か
第6章 倭国から日本へ―国号の問題
第7章 農本主義と重商主義
第8章 差別・被差別はどこからくるか
第9章 歴史のつくる虚像―まとめ

<別版>

<網野 善彦の本>

<石井 進の本>