いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

自己・あいだ・時間―現象学的精神病理学

著者:木村 敏 
レーベル: ちくま学芸文庫
出版社:筑摩書房
文庫:472ページ
発売日:2006-05-01
分類: 心理学  心理学入門  暮らし・健康・子育て  臨床心理学・精神分析 
キーワード: 自己  あいだ  時間  精神病  理学 
評価 3.5   読者数 2.3
自己・あいだ・時間―現象学的精神病理学
       

<マイリスト>

<目次>

1 鬱病と罪責体験
2 躁鬱病の病前性格と発病状況
3 いわゆる「鬱病性自閉」をめぐって
4 離人症の精神病理
5 分裂病の時間論―非分裂病性妄想病との対比において
6 時間と自己・差異と同一性―分裂病論の基礎づけのために
7 精神医学と現象学
8 自己・あいだ・分裂病
9 分裂病の診断をめぐって
10 内因性精神病の人間学的理解―「内因性」の概念をめぐって
11 比較文化精神医学序説―若干の基本概念の検討

<別版>

<木村 敏の本>