いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

縄文とケルト: 辺境の比較考古学

著者:松木 武彦 
レーベル: ちくま新書
出版社:筑摩書房
新書:247ページ
発売日:2017-05-09
分類: 考古学 
キーワード: 縄文  辺境  比較  考古学 
縄文とケルト: 辺境の比較考古学
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 非文明の景観
  • 旧石器時代から新石器時代へ
  • 世界遺産を訪ねて
第2章 死者世界を旅する
  • ロング・バロウの世界
  • 巨石と図文
  • 北への旅
第3章 「先ケルト」から縄文へ
  • 北辺の世界遺産
  • 往来と交流の舞台
  • 太陽と季節のまつり
  • 生と死の円環
第4章 ケルトの基層、弥生の原像
  • 斧と文明
  • 原ケルトの登場
  • 東方の「原ケルト」
第5章 帝国の周縁で
  • 弥生の国々
  • ケルトの部族たち
  • 歴史の分かれ目

<新聞書評>