いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

現代文明論講義 ニヒリズムをめぐる京大生との対話 (ちくま新書)

著者:佐伯 啓思 
出版社:筑摩書房
単行本:300ページ
発売日:2011-06-08
分類: 社会一般  社会学概論 
キーワード: 現代  対話 
評価 3.7   読者数 2.7
現代文明論講義 ニヒリズムをめぐる京大生との対話 (ちくま新書)
       

<マイリスト>

<目次>

第1講 現代文明の病―ニヒリズムとは何か
第2講 なぜ人を殺してはいけないのか―自由と規範をめぐる討議1
第3講 沈みゆくボートで誰が犠牲になるべきか―自由と規範をめぐる討議2
第4講 民主党政権はなぜ失敗したのか―民主主義をめぐる討議1
第5講 政治家の嘘は許されるか―民主主義をめぐる討議2
第6講 尖閣諸島は自衛できるか―「国を守ること」をめぐる討議
第7講 主権者とは誰か―憲法をめぐる討議
第8講 ニヒリズムを乗り越える―日本思想のもつ可能性

<新聞書評>

<佐伯 啓思の本>