いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

内部被曝の脅威 ちくま新書(541)

著者:肥田 舜太郎  鎌仲 ひとみ 
出版社:筑摩書房
新書:206ページ
発売日:2005-06-10
分類: 原子力・放射線  工学  社会・政治 
キーワード: 内部被曝  脅威 
評価 4.0   読者数 3.0
内部被曝の脅威  ちくま新書(541)
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 世界に拡がる被ばくの脅威
  • 被ばくの論点
  • イラクの被ばく者たち
第2章 爆心地からもういちど考える
  • 爆心地の風景
  • 内部被曝で死んでゆく人々
  • 被ばく者特有の症状とは何か
第3章 内部被曝のメカニズム
  • 放射線の基礎知識
  • 内部被曝の危険について
  • 内部被爆の症状
第4章 被ばくは私たちに何をもたらすか
  • アメリカの被ばく者たち
  • 劣化ウラン弾は何をもたらすか
第5章 被ばく体験を受け継ぐ

<肥田 舜太郎の本>