いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

生まれてこないほうが良かったのか? ――生命の哲学へ! (筑摩選書)

著者:森岡 正博 
出版社:筑摩書房
単行本(ソフトカバー):353ページ
発売日:2020/10/15
価格:1980円
分類: 思想  哲学  哲学史  倫理学 
キーワード: 生命  哲学 
評価 3.6   読者数 2.3
生まれてこないほうが良かったのか? ――生命の哲学へ! (筑摩選書)
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 「おまえは生きなければならない!」
第2章 誕生は害悪なのか
第3章 ショーペンハウアーの反出生主義
第4章 輪廻する不滅のアートマン
第5章 ブッダは誕生をどう考えたのか
第6章 ニーチェ―生まれてきた運命を愛せるか
第7章 誕生を肯定すること、生命を哲学すること