いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

スゴ母列伝~いい母は天国に行ける ワルい母はどこへでも行ける

著者:堀越 英美 
出版社:大和書房
単行本(ソフトカバー):256ページ
発売日:2020/03/12
価格:1650円
分類: 家庭生活  倫理学入門 
スゴ母列伝~いい母は天国に行ける ワルい母はどこへでも行ける
       

<マイリスト>

<目次>

1 岡本かの子―岡本太郎の「不思議な母」
2 マリー・キュリー―「キュリー夫人」とふたりの娘
3 青山千世―婦人運動家山川菊栄の母は「日本一頭のいい女の子」
4 三島和歌子―「いだてん」の、あのスゴ母
5 鳩山春子―明治社会を「大冒険」した元祖・教育ママ
6 リリアン・ギルブレス―「仕事を科学する」の先駆者は一二人のママ
7 マリア・モンテッソーリ―カリスマ教育者の知られざる「苦悩」
8 マーガレット・ミード―娘を「研究・発表」し続けた母の人生
9 養老静江―恋とワガママを貫いた養老孟司の母
10 山村美紗―ミステリー界の女王の不器用な愛情
11 アストリッド・リンドグレーン―『長くつ下のピッピ』は遊び大好き母から生まれた

<新聞書評>