いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

経済学をめぐる巨匠たち (Kei BOOKS)

著者:小室 直樹 
出版社:ダイヤモンド社
単行本:316ページ
発売日:2003-12-19
分類: 経済思想・経済学説 
キーワード: 経済学  巨匠 
評価 3.9   読者数 2.9
経済学をめぐる巨匠たち (Kei BOOKS)
       

<マイリスト>

<目次>

経済学を生んだ思想(トマス・ホッブズ&ジョン・ロック)
経済学の父は何を考えたのか(アダム・スミス)
最高の理論家が発見した国際経済学の原理(デビッド・リカード)
快楽の最大化が正しい経済行動(ジェレミー・ベンサム)
マクロ経済学の誕生(ジョン・メイナード・ケインズ)
驚嘆すべきは資本主義(カール・マルクス)
定説を覆した資本主義発生のメカニズム(マックス・ヴェーバー)
資本主義を発展させるダイナミズムとは(ヨーゼフ・アロイス・シュンペーター)
経済学を科学にした男(レオン・ワルラス)
「使える」経済分析ツール(ジョン・リチャード・ヒックス)〔ほか〕

<小室 直樹の本>