いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

世界のなかで自分の役割を見つけること――最高のアートを描くための仕事の流儀

著者:小松 美羽 
出版社:ダイヤモンド社
単行本(ソフトカバー):232ページ
発売日:2018-03-08
分類: ビジネスライフ  絵画  趣味・実用  人生論  人生論・教訓  哲学 
キーワード: 世界  自分  役割  最高  アート  仕事  流儀 
評価 3.8   読者数 2.6
世界のなかで自分の役割を見つけること――最高のアートを描くための仕事の流儀
       

<マイリスト>

<目次>

1 つながるためのアート―「天地の守護獣」と大和力
  • アートは魂でつながるための道具
  • 大英博物館に所蔵された「しっぽを振る狛犬」 ほか
2 アートの原点―山犬さまとメタセコイアの夢
  • 山犬さまに守られていた頃
  • チラシの裏の動物たち ほか
3 「自分の心」を超えていけ―「四十九日」までの日々
  • 「自分の感受性くらい」
  • 銅版画の「線」と出会う ほか
4 大和力を、世界へ。―出雲大社に授かった「新・風土記」
  • ニューヨークでの「アート強化合宿」
  • 「四十九日」との決別 ほか
5 未来のためのアート―「遺跡の門番」と自分の役割
  • 「三年周期」で進めていく画家人生
  • 南インドで生まれた「遺跡の門番」 ほか

<ブログ等>