いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?―――最強の将棋AIポナンザの開発者が教える機械学習・深層学習・強化学習の本質

著者:山本 一成 
出版社:ダイヤモンド社
単行本(ソフトカバー):288ページ
発売日:2017-05-11
分類: 人工知能 
キーワード: 人工  知能  名人  最強  将棋  AI  開発者  機械学習  本質 
評価 3.9   読者数 3.1
人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?―――最強の将棋AIポナンザの開発者が教える機械学習・深層学習・強化学習の本質
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 将棋の機械学習―プログラマからの卒業
  • 将棋の名人を倒すプログラムは、名人でなければ書けないのか?
  • そもそも、コンピュータとは何か? ほか
第2章 黒魔術とディープラーニング―科学からの卒業
  • 機械学習によってもたらされた「解釈性」と「性能」のトレードオフ
  • 黒魔術化しているポナンザ ほか
第3章 囲碁と強化学習―天才からの卒業
  • 人工知能の成長が人間の予想を大きく超えたわけ
  • 人間は「指数的な成長」を直感的に理解できない ほか
第4章 倫理観と人工知能―人間からの卒業
  • 知能と知性
  • 「中間の目的」とPDCAで戦う人間の棋士 ほか
巻末付録 グーグルの人工知能と人間の世紀の一戦にはどんな意味があったのか?
  • 人間を超えたアルファ碁は、どのようにして強くなったのか
  • アルファ碁はたくさん手を読んでいるのではなく、猛烈に勘がいい ほか

<新聞書評>

<ブログ等>