いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

金利と経済―――高まるリスクと残された処方箋

著者:翁 邦雄 
出版社:ダイヤモンド社
単行本(ソフトカバー):276ページ
発売日:2017-02-17
分類: 金融・ファイナンス  銀行・金融業  経済学 
キーワード: 経済  リスク  処方箋 
評価 4.0   読者数 2.5
金利と経済―――高まるリスクと残された処方箋
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 金利とは何か
第2章 バブルとデフレ、どちらをとるか
第3章 長期停滞が懸念される理由
第4章 自然利子率がマイナスの場合の金融政策
第5章 マイナス金利政策の登場
第6章 「マイナス金利」追加の功罪
第7章 「イールドカーブ・コントロール」の行方
第8章 「財政政策の時代」と金融政策

<新聞書評>

<翁 邦雄の本>