いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの

著者:伊賀 泰代 
出版社:ダイヤモンド社
単行本(ソフトカバー):248ページ
発売日:2016-11-26
分類: 経営管理  経営理論 
キーワード: 生産性  マッキンゼー  組織  人材 
評価 3.9   読者数 3.6
生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの
       

<マイリスト>

<目次>

序章 軽視される「生産性」
第1章 生産性向上のための四つのアプローチ
第2章 ビジネスイノベーションに不可欠な生産性の意識
第3章 量から質の評価へ
第4章 トップパフォーマーの潜在力を引き出す
第5章 人材を諦めない組織へ
第6章 管理職の使命はチームの生産性向上
第7章 業務の生産性向上に直結する研修
第8章 マッキンゼー流 資料の作り方
第9章 マッキンゼー流 会議の進め方
終章 マクロな視点から

<伊賀 泰代の本>