いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

トヨタとソフトバンクで鍛えた「0」から「1」を生み出す思考法 ゼロイチ

著者:林 要 
出版社:ダイヤモンド社
単行本(ソフトカバー):224ページ
発売日:2016-05-27
分類: 仕事術・整理法 
キーワード: トヨタ  ソフトバンク  思考法  イチ 
評価 3.8   読者数 2.6
[ベスト1000冊]
トヨタとソフトバンクで鍛えた「0」から「1」を生み出す思考法   ゼロイチ
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 「失敗」の向こうにゼロイチはある
  • 「エース級」でないからチャンスが来る―ゼロイチはビジネスパーソンの「ブルーオーシャン戦略」
  • 「おっちょこちょい」は美徳である―「悩む」より「やってみる」のが成功の秘訣 ほか
第2章 ゼロイチの主戦場は「無意識」である
  • 「不満」の多い人ほどゼロイチ向き―「不満」や「違和感」には、驚くべきゼロイチが隠されている
  • 「制約条件」こそアイデアの源である―「自由な場所」にゼロイチはない ほか
第3章 「アイデア」だけでゼロイチは不可能
  • 「組織」は使わせていただくもの―「サラリーマン」がゼロイチに向き合う基本スタンス
  • 「無理難題」こそチャンスである―魂のこもった「トップダウン」がゼロイチの根源 ほか
第4章 「物語」がゼロイチのエンジンである
  • 「ゴール」がゼロイチの成否を決める―ユーザーの「隠れた願望」をゴールに設定する
  • 「物語」がゼロイチのエンジンである―魅力的な物語があれば、必ず「協力者」は現れる ほか
第5章 「効率化」がゼロイチを殺す
  • 「効率性」とは危険な言葉である―「意味のある無駄」を最大化する
  • 「失敗してない」のは危険な兆候―「安全圏」にいたら凡庸なものしか生み出せない ほか

<新聞書評>