いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

ヒッグス粒子を追え

著者:フランク・クローズ 
出版社:ダイヤモンド社
単行本(ソフトカバー):472ページ
発売日:2012-12-14
分類: ノンフィクション  量子物理学 
キーワード: ヒッグス  粒子 
評価 3.7   読者数 2.3
ヒッグス粒子を追え
       

<マイリスト>

<目次>

第1部 創世記(事の起こり)
  • 無限大の壁―量子力学は果たして未来へ進めるのか
  • シュウィンガーとファインマン―二人の若き天才物理学者の登場
  • 「第三の男」朝永と、そしてダイソン―ノーベル賞レースを制したのは誰か
  • アブドゥス・サラムの後悔―「強い力」の研究が始まる
  • ヤン、ミルズ、そしてショー―自然の法則を探る大いなる鍵
  • ジョン・ウォードという異才―栄光なき功労者
  • 「弱い力」と「電磁気力」の融合―物理学における大きな転換点
  • 破れた対称性―物質はなぜ生まれたのか
  • ヒッグス粒子の誕生―なぜ重要な粒子にピーター・ヒッグスの名がつけられたのか
  • キブルからサラムとワインバーグへ―組み立てられたパズル
  • 「さて、ミスター・トホーフトをご紹介しましょう」―若き天才物理学者の衝撃
第2部 新たなる啓示
  • BJと宇宙のクォーク―ついにほぼすべての粒子が明らかになった
  • 間違いの喜劇―正か負か、それが問題だ
  • 重い光―最後に名誉を受けた者
  • 心からのお祝いを、充分に値する―ウォードの名はそこにはなかった
  • 巨大マシン―次々に発見される新たな粒子
  • 無限大を超えて―宇宙の謎の解明が始まった