いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

MARK ROTHKO

著者:川村記念美術館 
出版社:淡交社
大型本:223ページ
発売日:2005-09-15
分類: 外国人画家 
評価 4.0   読者数 2.3
MARK ROTHKO
       

<マイリスト>

<目次>

SEAGRAM MURALS―シーグラム壁画1958‐1959(私にはロスコの声が聞こえる―ドリー・アシュトンとの対話(林寿美)
光の影―マーク・ロスコ晩年のシリーズ(アヒム・ボルヒャルト=ヒューム))
WORKS―作品1949‐1969
  • 円熟期
  • シーグラム壁画
  • 晩年
BIOGRAPHY―ロスコ評伝(マーク・ロスコの生涯(村田真))
ESSAYS―ロスコ論集(「対幻想」としてのカラー・フィールド(加治屋健司)
保存修復から見たシーグラム壁画(レズリー・カーライル/ヤープ・ボーン/メアリ・バスティン/パトリシア・スミゼン)
絵画と空間―ロスコ・チャペルの経験)