いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

歴史の見方:西洋史のリバイバル (創元世界史ライブラリー)

著者:玉木 俊明 
出版社:創元社
単行本:234ページ
発売日:2016-05-25
価格:2376円
分類: ヨーロッパ史一般 
キーワード: 歴史  見方 
歴史の見方:西洋史のリバイバル (創元世界史ライブラリー)
       

<マイリスト>

<目次>

西洋史のリバイバル―西洋史はこのまま衰退するのか
第1部 名著に学ぶ―私に影響を与えた書物
  • 戦後史学の生みの親―大塚久雄『近代欧州経済史序説』
  • 戦後史学への挑戦―越智武臣『近代英国の起源』
  • 新しいパラダイムの形成―川北稔『工業化の歴史的前提―帝国とジェントルマン』
  • 歴史家の姿勢―E・H・カー『歴史とは何か』
  • 構造史家から文化史家へ―堀米庸三『中世国家の構造』から『中世の光と影へ』
  • 海事史の最高傑作のひとつ―デヴィド・カービーほか『ヨーロッパの北の海―北海とバルト海の歴史』
  • 経済制度から歴史をみる―D・C・ノースほか『西欧世界の勃興―新しい経済史の試み』
  • 現代社会を見る眼―I・ウォーラーステイン『近代世界システム』第一?四巻
第2部 歴史と歴史家の役割
  • プロト工業化とは何だったのか―全体を見る目とプロト工業化
  • 日本語で書くということ―英語の時代に日本語で書くことの意義
  • ふたたび、歴史とは何か―史料との関係から
  • ヨーロッパ史と異文化間交易―ヨーロッパはどうやって対外的拡張をしたのか
  • 重商主義とイギリス―イギリス帝国のあり方
歴史家とは何か―職業としての歴史家

<新聞書評>