いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

フェイクドキュメンタリーの教科書: リアリティのある“嘘"を描く映画表現 その歴史と撮影テクニック

著者:白石 晃士 
出版社:誠文堂新光社
単行本:255ページ
発売日:2016/01/07
価格:2200円
分類: 映画  映画論・映像論  演劇 
キーワード: 教科書    歴史  撮影  テクニック 
評価 3.9   読者数 2.2
フェイクドキュメンタリーの教科書: リアリティのある“嘘
       

<マイリスト>

<目次>

序章 フェイクドキュメンタリーの歴史
第1章 フェイクドキュメンタリー頂上作戦!
第2章 フェイクドキュメンタリーに挑め!
第3章 強烈なキャラクターを生み出す極意―白石晃士の演出論
第4章 なぜカメラはそこにあるのか!?―白石晃士の撮影論
第5章 リアリティを生み出す編集のマジック
第6章 『戦慄怪奇ファイルコワすぎ!』の作り方
付録 『ある優しき殺人者の記録』シナリオ解説