いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

10万人の脳を診断した脳神経外科医が教える その「もの忘れ」はスマホ認知症だった

著者:奥村 歩 
レーベル: 青春新書INTELLIGENCE
出版社:青春出版社
新書:192ページ
発売日:2017/07/04
価格:968円
分類: 脳・認知症  老化 
キーワード:   診断  外科医  もの 
評価 3.5   読者数 2.2
10万人の脳を診断した脳神経外科医が教える その「もの忘れ」はスマホ認知症だった
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 あなたの脳、「スマホ認知症」になっていませんか―トシのせいじゃない!?40?50代に急増中の「もの忘れ」の正体
  • こんな症状ありませんか?「スマホ認知症」危険度チェックテスト
  • スマホを「外部記憶装置」にすると、記憶力はどんどん衰える ほか
第2章 「考えない脳」はこうしてつくられる―IT生活による「脳過労」が脳に意外なダメージを与えるメカニズム
  • 脳が「情報メタボ」になると起こること
  • 「脳のないイソギンチャク」と「脳のある人間」の情報処理の違い ほか
第3章 「スマホ認知症」を防ぐ10の心得―忙しい人の脳は「鍛え方」より「休ませ方」が大事
  • ひなたぼっこをして脳を休める
  • 「マルチタスク」をやめて「モノタスク(ひとつに集中)」に ほか
第4章 スマホで疲れた脳は自分で回復できる―オーバーワークの脳がよみがえる「毎日のちょっとした習慣」
  • 起きてすぐにスマホをチェックしない
  • お風呂、トイレ、寝室にはスマホを持ち込まない ほか
第5章 いくつになってもサビない脳をつくるために―脳回路の「つながり」を強化する脳育法
  • 脳は「つながり」次第で、何歳でも成長する
  • アクセスのいい脳回路網をつくれば「認知予備力」アップ! ほか