いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

アジアの思想史脈 (近現代アジアをめぐる思想連鎖)

著者:山室信一 
出版社:人文書院
単行本:376ページ
発売日:2017-05-01
分類: 東洋思想  明治・大正 
キーワード: アジア  思想 
アジアの思想史脈 (近現代アジアをめぐる思想連鎖)
       

<マイリスト>

<目次>

1 思想連鎖への道
  • 史料に導かれて―連鎖視点への歩み
  • 満洲国が語りかけるもの
2 空間アジアと思想連鎖
  • 夢の世に、夢を追って―宮崎滔天『三十三年の夢』の思想史脈
  • 連鎖視点からみる辛亥革命と日本―アジアの「革命」史脈
  • 空間アジアを生み出す力―境界を跨ぐ人々の交流
  • 東アジアにおける共同体と空間の位相―「環地方学」からアジアを問い返す
3 平和思想の史脈
  • 日本の非暴力思想の史脈とその展開
  • 安重根・未完の「東洋平和論」―その思想史脈と可能性について
  • 正岡子規・四百年後の夢―理想を紡ぎ出す力
4 学知と外政―井上毅の日本とアジア
  • 日本の国民国家形成と国学知の思想史脈
  • 井上毅の国際認識と外政への志向
  • 後ろを見る眼―歴史を学ぶということ

<新聞書評>