いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

全電源喪失の記憶――証言・福島第1原発――1000日の真実

著者:共同通信社原発事故取材班  高橋 秀樹 
出版社:祥伝社
単行本:323ページ
発売日:2015-03-06
分類: ノンフィクション  核・原発問題 
キーワード: 記憶  証言  福島  原発  真実 
評価 4.0   読者数 2.7
全電源喪失の記憶――証言・福島第1原発――1000日の真実
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 3.11
  • 史上最大の震災が幕を開けた
  • 無事でいてくれ
  • 駆け上がる濁流 ほか
第2章 爪痕
  • 電源設備を調査せよ
  • 口を開けるマンホール
  • 1号機注水ラインを構築せよ ほか
第3章 1号機爆発
  • 総理が原発にやって来る!
  • 斑目の誤算
  • 響き渡った首相の怒声 ほか
第4章 制御不能
  • 福島第2原発の苦闘
  • 桜のトンネル
  • タイムリミット ほか
第5章 東電の敗北
  • 真水か海水か
  • 逆洗弁ピットという選択
  • 危険な食事
  • 3号機、爆発 ほか
第6章 選択
  • 撤退などあり得ない
  • サプチャン圧力ゼロ
  • 2Fに向かえ
  • 目撃者 ほか
最終章 命
  • うそつき
  • 家族との再会 ほか

<別版>