いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

下世話の作法

著者:ビートたけし 
レーベル: 祥伝社黄金文庫
出版社:祥伝社
文庫:241ページ
発売日:2011-09-01
分類: エッセー・随筆 
キーワード: 作法 
評価 3.6   読者数 3.2
下世話の作法
       

<マイリスト>

<目次>

1 品―品がある人は分相応の生き方を知っている
  • 「礼」がなくなって日本人は下品になった
  • ごはんは黙って食べよう ほか
2 夢―夢をかなえたらそこで人生は終わる
  • 手が届かないから「夢」って言うんじゃないの?
  • 夢は人格まで変える ほか
3 粋―本当のかっこよさは気の使い方に現われる
  • 高倉健さんの「粋」は、どこから来るのか
  • フグの刺身をごちそうになったけど… ほか
4 作法―サルがパンツを穿いた瞬間から作法が始まった
  • 「ちゃんと」すること
  • 礼儀知らずの芸人が増えたのはなぜなのか ほか
5 芸―生き方を「芸」にできれば品はよくなる
  • 芸人は社会の底辺にいる
  • 「売れない理由」だけはたくさんある ほか

<別版>

<ビートたけしの本>

<こちらの本も見られています>