いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

はじめて読む人のローマ史1200年

著者:本村 凌二 
レーベル: 祥伝社新書
出版社:祥伝社
新書:312ページ
発売日:2014-06-02
分類: ヨーロッパ史一般  古代ローマ史 
キーワード:  
評価 3.8   読者数 2.8
はじめて読む人のローマ史1200年
       

<マイリスト>

<目次>

ローマ史を読み解くキーワード
起―建国から、カルタゴの滅亡まで(紀元前七五三?同一四六年)
  • なぜ、ローマ人は共和政を選んだのか?
  • なぜ、ローマ軍は強かったのか?
承―内乱の一世紀から、ネロ帝の自害まで(紀元前一四六?六八年)
  • なぜ、ローマは大帝国になったのか?
  • なぜ、ローマ市民以外に市民権を与えたのか?
転―五賢帝から、セウェルス朝の終焉まで(六八?二三五年)
  • なぜ、皇帝はパンとサーカスを与えたのか?
  • なぜ、キリスト教は弾圧されたのか?
結―軍人皇帝から、西ローマ帝国の滅亡まで(二三五?四七六年)(なぜ、ローマは滅亡したのか?)

<本村 凌二の本>