いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄

著者:ヘンリー・S・ストークス 
レーベル: 祥伝社新書
出版社:祥伝社
新書:252ページ
発売日:2013-12-02
分類: 社会学概論  日本論 
キーワード: 英国人  記者  史観  虚妄 
評価 4.1   読者数 3.3
[ベスト1000冊]
英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 故郷イギリスで見たアメリカ軍の戦車
第2章 日本だけが戦争犯罪国家なのか?
第3章 三島由紀夫が死を賭して問うたもの
第4章 橋下市長の記者会見と慰安婦問題
第5章 蒋介石、毛沢東も否定した「南京大虐殺」
第6章 『英霊の聲』とは何だったか
第7章 日本はアジアの希望の光
第8章 私が会ったアジアのリーダーたち
第9章 私の心に残る人々
終章 日本人は日本を見直そう

<ヘンリー・S・ストークスの本>