いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

母が重くてたまらない―墓守娘の嘆き

著者:信田 さよ子 
出版社:春秋社
単行本:192ページ
発売日:2008-04-10
価格:1836円
分類: 社会学概論  家族問題  親子関係 
キーワード:     嘆き 
評価 3.7   読者数 3.2
母が重くてたまらない―墓守娘の嘆き
         

<マイリスト>

<目次>

1 母が重くてたまらない―さまざまな事例から
  • ママのための中学受験
  • 母と娘の「運命共同体」
  • 息子を見上げ、娘を見下ろす母
  • 気がつけば、落とし穴
  • 自分の不幸にふたをして
  • 団塊母の苦しみ
  • 傷つけ合うことで深まる絆
  • 父の存在はどこに?
  • 無邪気な独裁者
2 母とは一体誰なのか?
  • 母親を徹底的に分析する
  • 母をどうとらえればいいの?
3 迷宮からの脱出―問題解決の糸口
  • 母に対する処方箋
  • 父に対する処方箋
  • 墓守娘に対する処方箋

<信田 さよ子の本>