いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

感性文化論: 〈終わり〉と〈はじまり〉の戦後昭和史

著者:渡辺 裕 
出版社:春秋社
単行本:352ページ
発売日:2017-04-25
分類: 昭和・平成  日本史一般 
感性文化論: 〈終わり〉と〈はじまり〉の戦後昭和史
         

<マイリスト>

<目次>

いま「戦後」の文化を考えるということ
第1部 一九六四年東京オリンピックのメディア考古学
  • 「実況中継」の精神史―「耳で聴くオリンピック」の背景文化
  • 「テレビ的感性」前夜の記録映画―公式記録映画“東京オリンピック”は何を「記録」したか
第2部 環境をめぐる心性・感性と価値観の変貌
  • 新宿西口広場「フォークゲリラ」の音の空間―新しい感性の媒介者としての『朝日ソノラマ』
  • 日本橋と高速道路―都市景観をめぐる言説史にみる感性の変容の軌跡

<新聞書評>