いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

侘び・数寄・余白 アートにひそむ負の想像力 (連塾 方法日本)

著者:松岡 正剛 
出版社:春秋社
単行本:471ページ
発売日:2009-12-24
分類: 社会学概論  哲学・思想  日本論 
キーワード: 余白  アート  想像力 
評価 4.2   読者数 2.7
侘び・数寄・余白 アートにひそむ負の想像力 (連塾 方法日本)
       

<マイリスト>

<目次>

第4講 「文」は記憶する 目の言葉・耳の文字・舞の時空・音の記譜―インタースコアとインタラクティブシステムの歴史
  • 並列する文化
  • インタースコアとしての日本
  • 森林文化のメソッド ほか
第5講 日本美術の秘密 白紙も模様のうちなれば心にてふさぐべし―枕草子・枯山水・宣長・幕末三舟・イサムノグチ・三宅一生
  • 梅窓院から日本を考える
  • 「連塾」とは編集の場である
  • 「好み」とは何か―椅子は奏でる ほか
第6講 「負」をめぐる文化 正号負号は極と極。いづれ劣らぬ肯定だ―引き算と寂びと侘び(夢窓・心敬から天心・九鬼へ)
  • 「場」と「関係の発見」人は自然か、人工か
  • 日本の健康状態
  • 日本になったもの ほか

<松岡 正剛の本>