いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

言語が消滅する前に

著者:國分 功一郎 
レーベル: 幻冬舎新書
出版社:幻冬舎
新書:224ページ
発売日:2021/11/25
価格:946円
分類: ノンフィクション  日本語教育  論文・評論・講演集 
キーワード: 言語  消滅   
評価 3.8   読者数 2.7
言語が消滅する前に
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 意志は存在するのか―『中動態の世界』から考える
  • 「する」か「される」かではない行為
  • 意志という概念の矛盾 ほか
第2章 何のために勉強するのか―『勉強の哲学』から考える
  • メタ自己啓発としての『勉強の哲学』
  • 教わることそのものの重要さ ほか
第3章 「権威主義なき権威」の可能性
  • ムラ的コミュニケーションの規範化
  • エビデンス主義の背景にある言葉の価値低下 ほか
第4章 情動の時代のポピュリズム
  • 人間はもはや言語によって規定されていない
  • 直接的な情動喚起の時代 ほか
第5章 エビデンス主義を超えて
  • 「炎上」したアガンベンのコロナ発言
  • 右・左とは違う新たな分割線 ほか

<國分 功一郎の本>