いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

妻語を学ぶ

著者:黒川 伊保子 
レーベル: 幻冬舎新書
出版社:幻冬舎
新書:203ページ
発売日:2019/05/30
価格:858円
分類: 家庭生活  結婚  心理学 
評価 3.5   読者数 2.5
妻語を学ぶ
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 女性脳のトリセツ―女の機嫌をなおす18の処方箋
  • 「もう、いい。自分でする!」と突然キレる
  • 「好きにすればいいじゃない」と突き放される
  • 「どうせ私なんか、どうだっていいと思ってるんでしょ?」とすねる
  • 「一緒にいる意味ないよね」と切り出された
  • 口を利いてくれない
  • 「これするの、大変なんだからね」と口にする
  • うっすら不機嫌
  • 「何もわかってない!」と責められる
第2章 男性脳と女性脳はなぜこんなに違うのか
  • 男女脳の違いを知れば“女の不機嫌”の理由がわかる
  • 男の「気持ちいい」と女の「気持ちいい」はこんなに違う
  • 男の「恋の落ち方」と女の「恋の落ち方」はこんなに違う
  • 男の「愛し方」と女の「愛し方」はこんなに違う
  • 「別れを決める理由」は男と女でこんなに違う
  • ビジネスシーンにおける「満足」は男と女でこんなに違う
  • 女性脳に大切にされている男性は運がいい

<黒川 伊保子の本>