いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

人間の死に方 医者だった父の、多くを望まない最期

著者:久坂部 羊 
レーベル: 幻冬舎新書
出版社:幻冬舎
新書:225ページ
発売日:2014-09-27
分類: 医学  死生観 
キーワード: 人間  医者    多く  最期 
評価 3.8   読者数 2.6
人間の死に方 医者だった父の、多くを望まない最期
       

<マイリスト>

<目次>

先手必敗の父
定年を指折り数えるぐうたら医者
糖尿病、検査しなけりゃ怖くない
足の指が腐って奇跡が
前立腺がんに思わず「しめた!」
死を受容してきらめく日常
しかし、思い通りにいかない人の死
回復して新たな試練が
認知症も怖くない
安らかな死にも多少の苦しみ
我が家は“病院死ゼロ”家族
平穏な死はむずかしくない

<久坂部 羊の本>