いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

来るべき民主主義 小平市都道328号線と近代政治哲学の諸問題

著者:國分 功一郎 
レーベル: 幻冬舎新書
出版社:幻冬舎
新書:254ページ
発売日:2013-09-28
分類: 政治学  政治入門 
キーワード: 民主主義  近代  政治  哲学  問題 
評価 3.6   読者数 3.0
[ベスト1000冊]
受賞:新書大賞5位 
来るべき民主主義 小平市都道328号線と近代政治哲学の諸問題
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 小平市都道328号線問題と住民投票
  • 住民が行き交い憩う大きな雑木林
  • 説明会での頭を殴られたような体験 ほか
第2章 住民参加の可能性と課題
  • 住民参加に対する行政の強烈な拒絶反応
  • 反対を突きつけない住民運動 ほか
第3章 主権と立法権の問題―小平市都道328号線問題から近代政治哲学へ
  • 住民どころか、議会も介在しない道路計画
  • 政治を突き詰めれば「敵か友か」 ほか
第4章 民主主義と制度―いくつかの提案
  • 根本から変えることの問題点
  • 「制度が多いほど、人は自由になる」 ほか
第5章 来るべき民主主義―ジャック・デリダの言葉
  • 「民主的でない」ことと「民主主義がない」こと
  • 「実感」から離れてはいけない ほか

<國分 功一郎の本>