いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る

著者:大栗 博司 
レーベル: 幻冬舎新書
出版社:幻冬舎
新書:289ページ
発売日:2012-05-29
分類: 物理学 
キーワード: 重力    アインシュタイン  理論  宇宙   
評価 3.9   読者数 3.6
紹介:大澤真幸 
重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 重力の七不思議
第2章 伸び縮みする時間と空間―特殊相対論の世界
第3章 重力はなぜ生じるのか―一般相対論の世界
第4章 ブラックホールと宇宙の始まり―アインシュタイン理論の限界
第5章 猫は生きているのか死んでいるのか―量子力学の世界
第6章 宇宙玉ねぎの芯に迫る―超弦理論の登場
第7章 ブラックホールに投げ込まれた本の運命―重力のホログラフィー原理
第8章 この世界の最も奥深い真実―超弦理論の可能性

<新聞書評>

<大栗 博司の本>