いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

僕がコントや演劇のために考えていること

著者:小林 賢太郎 
出版社:幻冬舎
単行本:151ページ
発売日:2014-09-10
分類: 演劇  自己啓発  落語・寄席・演芸 
キーワード:   演劇 
評価 3.8   読者数 3.0
僕がコントや演劇のために考えていること
       

<マイリスト>

<目次>

小林賢太郎という職業
「面白い」の領域は無限
つくり方をつくる
テレビにはあんまり出ないようにしています
小林賢太郎は劇場にいます
予備知識のいらない笑いであること
人を傷つけない笑いであること
耐久性のある作品であるために時代を反映させない
情報を制限して、観客のパーソナルに入り込む
アイデアは思いつくというよりたどりつくもの〔ほか〕

<小林 賢太郎の本>