いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

残業学 明日からどう働くか、どう働いてもらうのか?

著者:中原淳  パーソル総合研究所 
レーベル: 光文社新書
出版社:光文社
新書:336ページ
発売日:2018-12-12
分類: マネジメント・人材管理  経営管理  社会学概論 
キーワード: 明日 
評価 3.7   読者数 3.0
残業学 明日からどう働くか、どう働いてもらうのか?
       

<マイリスト>

<目次>

オリエンテーション ようこそ!「残業学」講義へ
第1講 残業のメリットを貪りつくした日本社会
第2講 あなたの業界の「残業の実態」が見えてくる
第3講 残業麻痺―残業に「幸福」を感じる人たち
第4講 残業は、「集中」し、「感染」し、「遺伝」する
第5講 「残業代」がゼロでも生活できますか?
第6講 働き方改革は、なぜ「効かない」のか?
第7講 鍵は、「見える化」と「残業代還元」
第8講 組織の生産性を根本から高める
最終講 働くあなたの人生に「希望」を

<新聞書評>

<ブログ等>

<中原淳の本>