いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

誤解だらけの人工知能 ディープラーニングの限界と可能性

著者:田中潤  松本健太郎 
レーベル: 光文社新書
出版社:光文社
新書:264ページ
発売日:2018/02/15
価格:880円
分類: ビジネス・経済  人工知能 
キーワード: 誤解だらけ  人工  知能  ディープラーニング  限界  可能性 
評価 3.6   読者数 2.8
誤解だらけの人工知能 ディープラーニングの限界と可能性
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 みんな人工知能を勘違いしている
  • 「人工知能」とは何か?…松本健太郎の質問
  • 「人工知能」とは…田中潤の答え
  • 「人工知能は○○だ」と定義するだけ無駄である ほか
第2章 人工知能はこの先の社会をどう変えていくか?
  • 2018年
  • 2020年代
  • 2030年代 ほか
第3章 社会に浸透する人工知能に私たちはどのように対応するべきか?
  • 人工知能が浸透した時代の働き方とは?
  • 組織の時代から個人の時代へ
  • 私たちは古代ローマ時代に還る ほか