いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

『風立ちぬ』を語る 宮崎駿とスタジオジブリ、その軌跡と未来

著者:岡田斗司夫 FREEex 
レーベル: 光文社新書
出版社:光文社
新書:190ページ
発売日:2013-11-15
分類: イラスト集・オフィシャルブック  コミック  演劇・舞台 
キーワード:   宮崎  駿  スタジオジブリ  軌跡  未来 
評価 3.5   読者数 2.8
『風立ちぬ』を語る 宮崎駿とスタジオジブリ、その軌跡と未来
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 『風立ちぬ』を語る
  • ボロボロだった、最近の宮崎駿監督作品
  • いびつな天才の恋愛物語 ほか
第2章 アニメ作家・宮崎駿のすごみ
  • 宮崎駿監督は、単なる「老害」ではない!
  • わずか半年、素人同然のスタッフで作られた『カリオストロの城』 ほか
第3章 父と息子
  • 『ゲド戦記』騒動
  • ジブリでは新人監督が育たない ほか
第4章 ジブリはどこに向かうのか
  • なぜ宮崎駿は引退するのか?
  • やりたいことをすべてやってしまった ほか
第5章 『風立ちぬ』への疑問に答える
  • 『風立ちぬ』は綺麗な恋愛の話ではない
  • 美しいものにしか興味のない堀越二郎と宮崎駿 ほか

<岡田斗司夫 FREEexの本>