いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

経済古典は役に立つ

著者:竹中平蔵 
レーベル: 光文社新書
出版社:光文社
新書:222ページ
発売日:2010-11-17
分類: 経済学  経済思想・経済学説 
キーワード: 経済  古典 
評価 3.8   読者数 3.2
経済古典は役に立つ
         

<マイリスト>

<目次>

第1章 アダム・スミスが見た「見えざる手」
  • 自由と不安と経済学
  • 社会秩序と「見えざる手」の力 ほか
第2章 マルサス、リカード、マルクスの悲観的世界観
  • 楽観的な世界観への異論
  • ロバート・マルサスの『人口論』 ほか
第3章 ケインズが説いた「異論」
  • 経済学者はみなモデレート・ケインジアン
  • ケインズが登場する20世紀初頭 ほか
第4章 シュムペーターの「創造的破壊」
  • ケインズとシュムペーター
  • ケインズの描いたバラ色の未来像 ほか
第5章 ハイエク、フリードマンが考えた「自由な経済」
  • ケインズ経済学への異論
  • What’s the problem? ほか

<ブログ等>

<竹中平蔵の本>