いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

街場のメディア論

著者:内田 樹 
レーベル: 光文社新書
出版社:光文社
新書:211ページ
発売日:2010-08-17
分類: ジャーナリズム  メディアと社会  社会学 
キーワード: 街場 
評価 4.0   読者数 3.9
受賞:新書大賞3位 
街場のメディア論
       

<マイリスト>

<目次>

第1講 キャリアは他人のためのもの
第2講 マスメディアの嘘と演技
第3講 メディアと「クレイマー」
第4講 「正義」の暴走
第5講 メディアと「変えないほうがよいもの」
第6講 読者はどこにいるのか
第7講 贈与経済と読書
第8講 わけのわからない未来へ

<新聞書評>

<内田 樹の本>