いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

蘇るサバ缶 震災と希望と人情商店街

著者:須田 泰成 
出版社:廣済堂出版
単行本:221ページ
発売日:2018-03-01
分類: ノンフィクション 
キーワード: サバ  震災  希望  人情 
蘇るサバ缶  震災と希望と人情商店街
         

<マイリスト>

<目次>

第1章 100万缶を飲み込んだ津波
  • 3月11日夜。経堂の酒場に石巻のサバ缶
  • 歴史的大津波が工場と100万個の缶詰を飲み込んだ ほか
第2章 洗って運んで売る心意気
  • 泥まみれの缶詰がやって来る!そして店主は途方にくれる
  • 洗えば中身は大丈夫!経堂の空に黄金色の缶詰が輝く ほか
第3章 つながる広がる応援の輪
  • 泥だらけの缶詰が全国の復興支援イベントで大人気
  • 初仕事が缶詰掘り、取引先での入社式―さちとかなの物語1 ほか
第4章 工場再建で奇跡の復活
  • 缶詰を掘り尽くし、震災前の商品が続々と復活
  • グラフィックデザイナーの佐藤卓さんがロゴを制作! ほか
第5章 22万缶に詰まっていた物…
  • キャンセル続出のバスツアーで工場観光地化の前例を
  • カルビーとのコラボ商品「いさだスナック」が全国発売 ほか

<新聞書評>