いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

マンゴーと手榴弾: 生活史の理論 (けいそうブックス)

著者:岸 政彦 
出版社:勁草書房
単行本:341ページ
発売日:2018-10-30
分類: 社会一般  社会学概論 
キーワード: 理論 
評価 3.9   読者数 2.4
マンゴーと手榴弾: 生活史の理論 (けいそうブックス)
       

<マイリスト>

<目次>

マンゴーと手榴弾―語りが生まれる瞬間の長さ
鉤括弧を外すこと―ポスト構築主義社会学の方法
海の小麦粉―語りにおける複数の時間
プリンとクワガタ―実在への回路としてのディテール
沖縄の語り方を変える―実在への信念
調整と介入―社会調査の社会的な正しさ
爆音のもとで暮らす―選択と責任について
タバコとココア―「人間に関する理論」のために

<岸 政彦の本>