いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

「問い」としての公害: 環境社会学者・飯島伸子の思索

著者:友澤 悠季 
出版社:勁草書房
単行本:305ページ
発売日:2014-02-25
価格:3780円
分類: 社会学概論  社会一般  都市開発・都市問題 
キーワード: 問い  環境  社会  学者  思索 
「問い」としての公害: 環境社会学者・飯島伸子の思索
       

<マイリスト>

<目次>

序章 「問い」としての公害
第1章 「公害」「環境」概念の系譜
第2章 「社会学」は「公害」を把握しうるのか
第3章 「社会学」はいかにして「被害」を証すのか
第4章 「美容の社会学」はなぜ環境問題研究か
第5章 「環境社会学」の形成と制度化―「地球環境」の磁場のなかで
終章 問いかける「公害」―人間を基点とした環境論を

<新聞書評>