いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

古代エジプト 死者からの声: ナイルに培われたその死生観 (河出ブックス)

著者:大城 道則 
出版社:河出書房新社
単行本:258ページ
発売日:2015-06-10
価格:1782円
分類: 古代史 
キーワード: 古代  エジプト  死者   
古代エジプト 死者からの声: ナイルに培われたその死生観 (河出ブックス)
       

<マイリスト>

<目次>

第1章 冥界への扉としてのナイル河
  • 自然地形からみた境界線―河・山・坂・洞窟・辻
  • 人工的な境界線―橋・神殿・門
  • 死者と生者の境界線と不滅の魂
第2章 ミイラにみる宗教観・信仰心の芽生え
  • 古代エジプト人の信仰心の発展
  • ミイラの作り方とカノポス壷
  • 王の墓としてのピラミッド
第3章 神話と宗教文書にみる古代エジプトの神々の世界
  • 創世神話と多神教世界
  • 宗教文書と文学作品の中の死
  • 死者の王オシリス神とオシリス神話
第4章 化粧と装身具からみた来世観
  • 化粧と女性とタトゥー
  • 王笏と指輪と鏡が持つ意味
  • アミュレットの役割
第5章 ツタンカーメン王墓は何を語るのか
  • 「永遠の家」に描かれた開口の儀礼
  • ツタンカーメン王墓出土の副葬品
  • ツタンカーメンのサンダル

<新聞書評>