いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

現代アートを殺さないために: ソフトな恐怖政治と表現の自由

著者:小崎哲哉 
出版社:河出書房新社
単行本:448ページ
発売日:2020/12/26
価格:2970円
分類: ノンフィクション  現代美術 
キーワード: 現代  アート  ソフト  恐怖  政治  表現  自由 
評価 3.9   読者数 2.2
現代アートを殺さないために: ソフトな恐怖政治と表現の自由
       

<マイリスト>

<目次>

1 白い家―トランピズムと米国の文化戦争
  • 黄金の便器スキャンダル
  • 「便器」をつくったアーティスト
  • 公金をめぐる争い
2 黒い羊―あいちトリエンナーレと「表現の不自由」展
  • 画期的だった国際芸術祭
  • 「不自由展」はなぜ中止になったか
  • アート界による犯人捜し
  • 天皇制と表現の自由
3 白いマスク―ポピュリスト政権vs.文化芸術
  • 2014年に起こったふたつの変化
  • 「美しい国」の「深み」の浅さ
  • 第2次安倍政権下の規制
4 黒い病―感染症とアート表現
  • リアルとロマンの間に
  • 不可視のものへの関心
  • 「除け者」たちの戦い
終章 灰色の時代―世界は光を取り戻せるか
  • 日米文化戦争の違い
  • 新型コロナウイルスと現代アート
  • 非接続のすすめ

<新聞書評>

<小崎哲哉の本>