いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

美術館って、おもしろい! : 展覧会のつくりかた、働く人たち、美術館の歴史、裏も表もすべてわかる本

著者:阿部賢一  須藤輝彦 
出版社:河出書房新社
単行本:68ページ
発売日:2020/05/26
価格:3520円
分類: 絵本・児童書  美術館・博物館 
キーワード: 美術館  展覧会    歴史    すべて   
評価 3.6   読者数 2.2
美術館って、おもしろい! : 展覧会のつくりかた、働く人たち、美術館の歴史、裏も表もすべてわかる本
       

<マイリスト>

<目次>

1 美術館の歴史(美術館は、どこで、どうやってできたの?;最古の美術館から現在(そして未来)まで
芸術と驚異の部屋
絵画陳列室
スタイル・ルーム
抽象の部屋
白い立方体)
2 美術館のしごと
  • アートにあふれる街
  • どうして美術館に行くの?どういう人がやってくるの?
  • 美術館の外側はどうなってる?
  • 美術館の内側はどうなってる?
  • 美術館で働いているのはどんな人?
  • 美術館はどうやって作品を守っているの?
  • 美術館はどうやって作品を手に入れるの?
  • どうやって美術品を保管するの?
  • 修復家
  • 設営担当
  • コレクションはどうやって展示されるの?
3 展覧会のつくりかた
  • どうやって展覧会を準備するの?
  • どうやって作品を展示するの?
  • 展覧会“謎の庭園”

<新聞書評>