いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

生物はなぜ誕生したのか:生命の起源と進化の最新科学

著者:ピーター・ウォード  ジョゼフ・カーシュヴィンク 
出版社:河出書房新社
単行本:448ページ
発売日:2016-01-13
分類: 生物学 
キーワード: 生物  誕生  生命  起源  進化  最新  科学 
評価 3.9   読者数 2.7
紹介:松岡正剛 
生物はなぜ誕生したのか:生命の起源と進化の最新科学
       

<マイリスト>

<目次>

時を読む
地球の誕生―四六億年前?四五億年前
生と死、そしてその中間に位置するもの
生命はどこでどのように生まれたのか―四二億(?)年前?三五億年前
酸素の登場―三五億年前?二〇億年前
動物出現までの退屈な一〇億年―二〇億年前?一〇億年前
凍りついた地球と動物の進化―八億五〇〇〇万年前?六億三五〇〇万年前
カンブリア爆発と真の極移動―六億年前?五億年前
オルドビス紀とデボン紀における動物の発展―五億年前?三億六〇〇〇年前
生物の陸上進出―四億七五〇〇万年前?三億年前
節足動物の時代―三億五〇〇〇万年前?三億年前
大絶滅?酸素欠乏と硫化水素―二億五二〇〇万年前?二億五〇〇〇万年前
三畳紀爆発―二億五二〇〇万年前?二億年前
低酸素世界における恐竜の覇権―二億三〇〇〇万年前?一億八〇〇〇万年前
温室化した海―二億年前?六五〇〇万年前
恐竜の死―六五〇〇万年前
ようやく訪れた第三の哺乳類時代―六五〇〇万年前?五〇〇〇万年前
鳥類の時代―五〇〇〇万年前?二五〇万年前
人類ど一〇度目の絶滅―二五〇万年前?現在
地球生命の把握可能な未来

<新聞書評>

<ブログ等>