いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

一度きりの大泉の話

著者:萩尾望都 
出版社:河出書房新社
単行本:352ページ
発売日:2021/04/21
価格:1980円
分類: エッセー・随筆  コミック 
キーワード: きり  大泉   
評価 4.0   読者数 3.2
一度きりの大泉の話
       

<マイリスト>

<目次>

出会いのこと―1969年?1970年
大泉の始まり―1970年10月
竹宮惠子先生のこと
増山さんと「少年愛」
『悲しみの天使(寄宿舎)』
『11月のギムナジウム』
1971年?1972年 ささやななえこさんを訪ねる
1972年『ポーの一族』〔ほか〕

<新聞書評>

<ブログ等>

<萩尾望都の本>