いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

星野佳路と考えるファミリービジネスの教科書

著者:小野田鶴  日経トップリーダー 
出版社:日経BP
単行本(ソフトカバー):416ページ
発売日:2019/11/25
価格:1980円
分類: 経営理論 
キーワード: 星野  ファミリー  ビジネス  教科書 
評価 3.8   読者数 2.2
星野佳路と考えるファミリービジネスの教科書
       

<マイリスト>

<目次>

第1部 星野さんはなぜ、ファミリービジネス研究を始めたのか―個人的な事情と、社会的意義
第2部 星野リゾートは典型的な「強い同族企業」だった!―「30年に一度のビジネスモデル自動転換システム」の実例として
第3部 ファミリービジネスの4つのフレームワーク―ジャスティン・クレイグ教授を招いて、星野さんの事例を参照しつつ
  • スリーサークル
  • 4L ほか
第4部 星野さんと行くファミリービジネス探求の旅―11人の証言者から得た19の視点
  • 早稲田大学ビジネススクール・入山章栄教授
  • 相模屋食料・鳥越淳司社長&江原寛一会長 ほか
第5部 星野さんによる研究報告―「ぼんくら息子問題」の本質とは何か
補遺 拝啓、四代目星野嘉助様―「四代目星野嘉助と軽井沢」から一部抜粋