いい本のまとめ
多くの読者が高く評価しているおすすめの本と書評
  ベスト1000冊

アメリカの知性は何を考えているか

著者:横田政夫 
出版社:潮出版社
単行本:241ページ
発売日:2018-03-05
分類: ノンフィクション  アメリカ  外交・国際関係  政治入門 
キーワード: アメリカ  知性   
アメリカの知性は何を考えているか
         

<マイリスト>

<目次>

第1部 文明の衝突から文明の対話へ
  • 「なにが『9・11』をもたらしたのか」ヌール・ヤーマン
  • 「宗教は対立の手段か共生の糧か」ハービー・コックス ほか
第2部 経済至上主義の背景とその克服
  • 「『ウィン・ウィン』の経済の真髄はなにか」ヘイゼル・ヘンダーソン
  • 「孤立と分断を癒やす総体性の知恵」ウィリアム・J・レックマイヤー ほか
第3部 民主主義は正しく機能しているか
  • 「ホイットマンが現代に放つ魂の叫び」ケネス・プライス
  • 「民衆自身の力を開発する手立て」ジム・ガリソン ほか
第4部 関係性の回復と女性の役割
  • 「女性の特質が社会と科学にもたらすもの」イレイン・フュークス
  • 「男女間における相互理解への道」ステファン・バーグマン ジャネット・L・サリー ほか

<新聞書評>